top of page

世界で活躍する
ボーダレスキッズを育むために

英語教室, 公園留学, 学童, 英語, 金沢

 はじめまして、代表取締役の山寄 一徳と申します。
 皆さま、「1万時間の法則」という言葉を聞かれた事がありますか。 物事を極めた超一流(世界トップレベル)になるためには、1万時間もの練習や学習などの努力が必要だという理論です。この1万時間とは途方もない数字に見えるかもしれませんが、実は誰にでも手の届く所に存在するのです。


 厚生労働省によると、『学童保育は年間278日、1650時間にも及ぶ家庭に代わる毎日の生活の場』と定義しています。仮に小学校の6年間あずけたとすると9900時間にもなり、園児の放課後も含めれば、優に1万時間を超えるのです!  ウェスキーラボは、この放課後の時間をとても大切にしています。普段何気なく過ごしている放課後の時間を取り戻すことはできません。子供の能力を引き出し将来の可能性を高めるとても貴重な時間として、子どもたちが放課後を有意義に過ごせる環境が必要です。


 また、日本国内は、少子高齢化による人口減少で経済規模が縮小し、事業機会を求めて日本企業の海外進出が加速するでしょう。さらに労働人口不足を補うための外国人労働者の受け入れは年間100万人(≒石川県の人口)が必要ともいわれています。いずれも、急速なグローバル化が進むことが想定されます。


 ウェスキーラボでは、国境を越えて活躍できるボーダレス人材の卵、ボーダレスキッズを育むために様々なプログラムを提供しています。日本人の価値観や教養を備え、世界に通じる英語力と、不確実な世の中で自ら考え課題を解決していける力を身に着けて、ボーダレス社会で活躍してくれることを期待しています。

経営者のMOTTO(モットー)

~プロトタイプで世界を変える~

人の限界は能力ではなく構想力で決まる。常に、社会課題を解決する新しい仕組みやサービスのプロトタイプ(実験モデル)を生み出し、社会を変えるキッカケをプロデュースする。そして、私たちが実践している背中を身近に見て育つ子ども達の社会課題解決マインドを醸成する。

代表取締役 山寄 一徳 Kazunori Yamayose

福井県出身。国立大学工学部を卒業後、自動車部品メーカーに就職。次世代向けのデザイン~プロトタイプ開発エンジニアとして「問題発見→課題解決→イノベーション」というSTEAM的アプローチを日々実践してきた。専門は、デザイン思考+STEAMアプローチ。34歳の時に取得したMBAが、会社経営へのキッカケとなる。

また約10年間、家族帯同でヨーロッパ(英・独・伊)やアメリカに海外赴任し、それぞれの国の育児&教育制度のもとで幼児から小学生の子育てを経験。日本では珍しい「興味本位・探求型学習」や「バイリンガル英語教育」を習得し、帰国後、自分の子ども達にベストな教育環境を自作したことがWeskii Labの起源。

bottom of page